★社会保険労務士の「合格率と難易度」

私の目標は決まった。でも社会保険労務士を目指すにあたって、一番
気になるのが

  1. どれくらい難しいのか
  2. 私にも合格できるのか

ということ。

合格率

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成17年 48,120人 4,286人 8.9%
平成18年 46,016人 3,925人 8.5%
平成19年 45,221人 4,801人 10.6%
平成20年 47,568人 3,574人 7.5%
平成21年 52,983人 4,019人 7.9%
平成22年 55,445人 4,790人 8.6%
平成23年 53,392人 3,855人 7.2%
平成24年 51,960人 3,650人 7.0%
平成25年 49,292人 2,666人 5.4%
平成26年 44,546人 4,156人 9.3%

合格率は思ったよりも低い。でも100人受験して約8人が合格している
のだから、その8人に入ればいいのだ。
入社1年目に、「ファイナンシャルプランナー」の資格を取った私だもの。合格できないわけがない!私はやればできる女なのだ。

さらに社会保険労務士の難易度を詳しく知るべく、インターネットで
サイトを探してみた。ジャンル別に難易度を表したものや、難易度を
ランキングにしたものなど、ネット上には様々なサイトがあり、それを
参考に社会保険労務士と同じ法律系の資格と比べてみた。
統計を取るとこのようになる。

第1位
旧司法試験
司法書士
不動産鑑定士
第2位
税理士
弁理士
公認会計士
第3位
社会保険労務士
行政書士
第4位
ファイナンシャルプランナー
宅建

超難関といわれる旧司法試験や司法書士よりは簡単で、ファイナンシャルプランナーよりは難しい。そして社会保険労務士は、法律初心者が一から勉強して合格するまでには、一般的に2~3年もかかるらしい。
でも私は法学部卒で、しかも人事部に勤務していたから社会保険労務士と
一緒に仕事もしていた。合格率が低くて難易度は高いけど、私にとっては
有利な試験かもしれない!よし、前向きに考えよう!と自分を奮い立たせた。

膨大な試験範囲から合格に必要な箇所を効率良く勉強したい

試験勉強にはあまりお金をかけたくない

資格学校に通学する時間はない

そんな方におすすめはコチラ