★社会保険労務士「試験」の全貌

まずは試験科目・形式について調べてみることにした。そして重要なのが
合格ライン。
【試験日・時間等】
試験日/8月23日(日) ※例年8月の第4日曜日又は第5日曜日
試験形態/筆記試験(選択式試験・択一式試験)
試験時間/選択式試験10:30~11:50(80分)
     択一式試験13:10~16:40分(3時間30分)
合格発表/11月6日(金) ※例年11月上旬

<受験申込書の受付期間>
4月13日(月)~5月31日(日)

  1. 「簡易書留郵便」で全国社会保険労務司会連合会試験センターへ郵送
  2. 試験センターへ直接

(平成21年度社会保険労務士試験 受験案内より)

試験科目・出題数

科目 選択式 択一式
労働基準及び労働安全衛生法 1問 10問
労働者災害補償保険法 3科目 7問
雇用保険法 7問
労働保険の保険料の徴収等に関する法律 2問 6問
労務管理その他の労働に関する一般知識 1問 5問
社会保険に関する一般知識 1問 5問
健康保険法 1問 10問
厚生年金保険法 1問 10問
国民年金法 1問 10問
合計 8問 70問

試験の形式

社会保険労務士試験で出題される選択式試験は、穴埋め式と呼ばれ、文章中の( )の中にあてはまる語句を1つ選ぶという問題形式。選択式試験では、全8科目それぞれ1つの問題文が出題され、1つの問題文につき
空欄の箇所が5つ。そして空欄にあてはまる語句を20個の選択肢から
選ぶ形式だ。
そして、択一式試験とは、各問題の解答を5つの文章から、1つを選ぶという問題形式。

合格ライン

試験の難易度によって受験生の正答率にも差が生じるから、毎年救済と
なる科目や点数は変化する。過去の合格ラインを見てみると、

実施年 択一式 選択式
平成19年 総得点44点以上
(各科目4点以上)
総得点28点以上
(各科目3点以上)
 

平成20年
総得点48点以上
(各科目4点以上)
総得点25点以上
(各科目3点以上)
ただし健康保険法は1点以上、厚生年金法と
国民年金法は2点以上
 

平成21年
総得点44点以上
(各科目4点以上)
総得点25点以上
(各科目3点以上)
ただし労働基準及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、厚生年金法は2点以上

社会保険労務士試験は、科目数が多いうえ、すべての科目において満遍
なく点数を取らなくては合格できないのが最大の難関である。そのため、試験に出題される科目のすべての内容を暗記するなんてことは、ほぼ
不可能。ある程度、的を絞り、効率よく学習しなければ、合格は厳しいといえるだろう。

膨大な試験範囲から合格に必要な箇所を効率良く勉強したい

試験勉強にはあまりお金をかけたくない

資格学校に通学する時間はない

そんな方におすすめはコチラ